アルダクトンAを犬や猫に使っても平気?

犬・猫などのペットにアルダクトンAは使われている

アルダクトンAを人間が服用する理由は、利尿・血圧を下げる為です。アルダクトンAを犬や猫などのペットが利用する理由も人間と同じとなっています。ここから先はアルダクトンAを犬、猫などの動物でどんな場合に使うのか、使う際の注意点等を解説していきます。

 

アルダクトンAの仕組みは?

 

まずはアルダクトンAがどんな仕組みで働くのを解説していきます。人間も犬・猫などの動物もアルダクトンAの効く仕組みは同じです。

 

アルダクトンAは利尿効果と血圧が下がるという二つの効果を持っているわけではなく、尿をたくさん出すことが血圧が下がることにつながります。ですから、アルダクトンAの効果は尿をたくさん出す、という一点のみということになります。

 

血圧が下がる仕組みは?

 

では何故尿をたくさん出すと、血圧が下がるのでしょうか?まず、血圧が高い状態とは、血管内の血が多くなり血管が張りすぎている状態にあります。逆に血圧が低い状態は血管内の血液量が十分でないということになります。つまり血液量をコントロールする=血圧をコントロールすることになります。

 

血液中には様々な成分が入っていますが、その大部分は水分になっています。体内の水分量が減れば、結果的に体内の血液量も減ることになります。

 

尿をたくさん出すことによって、体内の水分量を減らす。体内の水分量が減ったことで血液量が減る。血液量が減ることで血圧が下がる。これがアルダクトンAの利尿効果で血圧が下がる仕組みです。

 

利尿効果の仕組みは?

続いて、アルダクトンAに何故利尿効果があるのか、その仕組みを考えていきましょう。

 

腎臓でろ過された原尿(その後に尿となる成分)にはまだたくさんのミネラルや栄養分が入っています。これを捨ててしまうのはもったいないので、体は再度吸収します。

 

この際に水分も体内にいっしょに吸収されるのですが、水分はナトリウムに連れられて体内に吸収されるようになっています。この水分とナトリウムの吸収を調節しているのがアルドステロンという物質です。このアルドステロンが活発に働けば水分はたくさん吸収され、活動が弱まれば水分はあまり吸収されないことになります。

 

アルダクトンAはこのアルドステロンの動きを弱めて、体内に吸収される水分量を少なくするという効果があります。

 

本来吸収されるはずだった水分はどこに行くかというと、尿として排出されることになります。

 

つまり、アルダクトンAは体内に吸収される水分を減らし、尿として排出し、その結果血圧を下げることのできる薬です。

 

犬猫などの動物にアルダクトンAを使う理由

アルダクトンAが犬の体内の水分量を減らし、血圧を下げる薬だというのはわかりましたが、どんな目的で使うのでしょうか?

 

犬にアルダクトンAを使う場合で多いのは心臓病のケースです。アルダクトンAを使うと犬の体内の血液量を減らすことができるということは既に説明しましたが、これにより心臓の負担を減らすことができるのです。

 

どういうことかというと、犬の心臓は常に大量の血液を全身に送り出し、常に激しく動いています。血液の量を減らせば、心臓が送り出さなければならない血液の量は減り、仕事が減るので心臓への負担を軽減することができるのです。

 

犬の心臓病が進行して血を送り出す力が弱まると、心臓に血液がたまったり、さらに進行すると肺に液体がたまってしまう場合もあります。こうなると呼吸困難になってしまう場合もあるでしょう。

 

そこで、犬に利尿剤を使えば、肺の水分も血管を通って体外に出やすくなりますし、肺に水がたまることの予防もできます。

 

このように、犬の心臓の病気で血液のコントロールがしづらくなっている際に利用されるのがほとんどです。

 

犬猫などの動物にアルダクトンAを使う際の注意点

犬や猫にアルダクトンAを使う際にはいくつかの点に注意してください。犬猫などのペットは何か異常があっても飼い主に訴えるしかできません。犬の様子になるべく注意する、異変に対して注目しておくなど気をつけておく必要がります。

 

脱水症状に注意

犬にアルダクトンAを使うのは体内の水分量を減らし、心臓の負担を減らしたり、肺に水がたまるのを防ぐためです。しかし、この体内の水分を減らすという行為は脱水症状のリスクと背中合わせになっています。

 

人間であれば、すぐに体調不良を訴えたり自分で水分補給をすればいいのですが、犬猫などのペットはそうもいきません。犬は飼い主に訴えても飼い主が気付かない可能性がありますし、「心臓の負担を減らすためだから、お水はあまりあげないようにしなきゃ」と考える方もいるかもしれません。

 

もちろん、そういった状態であれば犬に過度に水分を与えるのはよくないかもしれませんが、脱水症状で体を壊しては元も子もありません。慎重に犬や猫などペットの体調を見てあげることが必要です。

 

腎臓の負担に気をつける

アルダクトンAは腎臓の機能に直接働きかける薬品です。腎臓が健康な状態であれば、そこまで気にしなくてもよいでしょうが、何らかの病気を持っているようであれば負担が大きくなりすぎることもあるでしょう。

 

この点は医師と相談して腎臓の状態と心臓の治療の兼ね合いをよく考えて投薬量などを検討しましょう。

 

あくまで利尿剤はその場しのぎ

ここまでの説明のようにアルダクトンAは利尿効果により血圧を下げて心臓への負担を減らす薬であって、心臓病治療薬ではありません。心臓になにか病気があるならば、なるべく心臓病治療薬を与えるようにしましょう。

 

一時的にであればいいかもしれませんが、なんとなく飲ませたりはせず、必要がないと判断されたらすぐにやめるようにしましょう。

 

アルダクトンAはこんな薬

アルダクトンAの概要を説明します。アルダクトンAは利尿剤であり、体内の余分な水分と塩分を尿として排出する作用があります。体内の水分と塩分が減少するため、むくみの症状が改善して血圧も低下します。心臓の負担も軽減されるため、慢性心不全の治療にも使用されます。

 

アルダクトンAは他の利尿剤と比べると利尿作用はそれほど強くなく、サイアザイド系利尿薬やループ系利尿薬と併用されるのが多いです。血圧を下げる作用もありますが、血圧を下げるのを目的に投与される場合はなく、あくまでも利尿剤の用途として使用されます。

 

アルダクトンAを服用する際の注意点として、無尿や急性腎不全には全く効果がないため、無尿や急性腎不全の治療には他の種類の利尿剤が使われます。なお、アルダクトンAと飲み合わせが悪い医薬品は多数ありますので、他の薬を飲んでいる方は、医師と相談のうえ服用するようにします。

 

アルダクトンAの副作用には、高カリウム血症や急性腎不全、皮膚炎などがあります。しかし、アルダクトンAは安全性が高い利尿剤であるため、重い副作用が出るケースは滅多にありません。重い副作用は少ないですが、ホルモンバランスの乱れによる乳房の膨らみや乳首の痛みなどの副作用が出る場合があります。


http://www.mlb-caps.com/ http://www.proxygratuit.biz/ http://coachoutletonlineinc.net/ http://warhorseride2014.com/